====================
 それぞれが抱える思い。
====================


自らに視線を感じ、御者の顔を一瞥すると、感謝に堪えない表情を浮かべていた。
―― 厄介な案件を片付けてくれてありがとう。
そう言っているように、感じられた。続きを読む