=====================
 エラーミルの軌跡を辿る。
=====================


新たな門出の杯を交わした翌朝。
私とシャコンヌは、フェンネによって起床を促され、ウィンキング・スキーヴァーを後にした。
ソリチュードの門を出で、街道にて今一度の経路の確認。

エラーミルの日誌から確認できることは――
経路を練る

イルボルスンドはソリチュードから北東に位置した流氷漂う海域の小島に存在するという事。
 「陸路で近くまで行って、そこから小島まで泳いで渡るのが一番手っ取り早いけど……ねぇ」
 『私は構わないが、心臓麻痺を起こすかも知れないよ』
シャコンヌと私の会話に苦笑いをするフェンネ。
 「あの、それだったら……。たしか材木場の近くに舟を扱ってるところがありますよ」

無論、北海を泳いで渡るだなんてご免被る話。
私とシャコンヌは冗談めいて口にしただけだったが、どうやらフェンネは本気で捉えたようだ。
 「ちょっと遠回りになるかも知れないけど、海路が一番安全かしら」
 『しかし、私達にはツテがないね』
ちら、とフェンネを一瞥するシャコンヌ。
 「私だって無いですよ」
そんな目で見られても困る、と言いたげな、フェンネ。
 「でも従士様だし?」
 「……ずるいです」

海路を経るのならば。
ソリチュードの連なる石門を潜り、港の方へ続く道を降りてゆく。
しばらくすると道が分かれ、左の道は東帝都社の倉庫と、商船の止まる船着場へと続く道。
右の道は、材木を扱う作業場がある場所に続く。

私達は右の道を下っていく。
すると、小さな船着場と建物が目に飛び込んできた。
 「あそこです」
フェンネが視線で示す。

舟を借りるべく

小さな船着場に到着し、私とシャコンヌは舟を借りる交渉を試みる。
主は怪訝な様子で私達を見るも、フェンネが名乗り出て従士であることを明かすと、快く承諾してくれた。
しかし、帆を貼れる船は商人の先約があるとのことで、代わりの小舟なら今すぐに貸し出せるとの事だ。

シャコンヌは得意気な笑みを浮かべて、私に目で合図する。

なるほど、従士と男手を欲したのはこういう事だったのかと、彼女のしたたかさに私は感心した。

  ――――――――


出発
私は腰を落とし櫂を扱ぐ。
その様子をフェンネは、ばつが悪そうに見ており、落ち着かないのか立ったままだ。
シャコンヌは腰をおろし、ゆったりとした様子で潮風を楽しんでいるかのようにも見える。

成人が三名、決して軽いものではないが……重いものでもない。
私はフェンネに腰をおろしてゆっくりするよう声をかけるが、どうにも居心地が悪いらしく、座ろうとしない。
だが――
 「座ってたほうがいいわよ。下手にバランスを崩したら、海へドボンだから」
シャコンヌのその言葉を聞いて、ようやく腰をおろした。
 「手伝える事があったら、言ってくださいね」
私を気遣うフェンネの一言に、思わず胸が暖かくなる。

スカイリムの首都、ソリチュードの従士とあらば、立場や気位が高慢であってもおかしくないのに、フェンネはそんな様子も空気も欠片も無く、むしろ庶民的な親しみ易さすら感じるのだ。
好い人だ、と素直に思った。

灯台の明かり

櫂の操作にも慣れ、舟は海を進んでゆく。
だがあくまで小舟でしかない以上、速度に優れる事はない。
時の流れは刻々と過ぎ去り、いつの間にか陽は傾いて空を緋色に染める。
 「灯台の明かりが見える範囲まで進みましょ」
私は無言で肯く。

灯台の明かりを背にし、しばらく進んだ所で私は舟を着けた。
シャコンヌは何も言わずに舟から降りるが、フェンネは首を傾げる。
一旦停泊
 「今日はここで野宿。明日の朝、また出発よ」
その言葉に頭痛を感じるかのように頭を抱える、フェンネ。
宮仕えの身でまさか野宿することになるとは、思わなかったのだろうか。

野営地でも何でもない、ただの野宿と言う事に眩暈を覚えるのも無理はない。
私はなるべく早めに休めるよう、手早く支度を開始する。

寝床を支度

テントの用意を済ませ、寝袋と同時に毛皮も幾らか敷く。
雪のちらつく場所で、地べたに寝転がるのはあまりに寒々しいと思ったからだ。
 「なんだか、すみません。気を遣わせちゃって」
私やシャコンヌが手際良く支度を済ませている間、フェンネには座って休んで貰っていた。
効率性云々や、立場からなどではなく、ただ純粋に私達冒険者から従士様への配慮とも言える。

慣れぬ旅路は、精神的にも疲労するものだから。

そして同時に、この厳しい寒さも肉体的な疲労に繋がる。
シャコンヌが用意してくれた料理を食べ終えると、私達はすぐに床に就いた。

――――――


翌朝。

天候は相変わらず雪がちらついており、止む様子はない。
だが止むまで待つ、と言うのも建設的とは言い難い判断だ。
 「出発しましょう」
シャコンヌの一声で、舟はまた海を進む。
朝を迎え、出航

流氷が転がる海原を渡る最中、フェンネは両腕を抱くかのように身震いを始めた。
早朝、雪天候、昨夜の野宿と相俟って、流石に体調を崩したのではないかと心配になったが――
 「あら、従士様ったら案外軟弱なのね?」
と、からかうように声をかけるシャコンヌに対し、
 「むっ。そんなことありませんよ。……ただちょっと、ええと、霜の付いた鎧が重くて」

凍てつく程の潮風

言い訳、にしてはあまりに苦しいフェンネのその言葉に、思わず私は窃笑を零す。
 「なるほど、霜で鎧が重たくて震えちゃうのね。それは大変だわ」
くすくすと笑うシャコンヌ。
 「それじゃあ、私の帷子と交換する? 軽くていいわよ、コレ」
 「い、いえ。こ、この鎧は従士の証ですから。おいそれと脱ぐわけにもいかないのです」
子供のような意地悪な微笑みを浮かべるシャコンヌだったが、そろそろ助け舟を、と私は思い――
 『シャコンヌ、地図の確認をいいかな。そろそろだと思うのだがね』
エラーミルの日誌の確認を、促した。

指差す先は

 「……うん、あの小島ね。」
シャコンヌが指差す先に、小島が見える。
日誌に描かれた地図によると、あそこに『イルボルスンド』という古代ノルドの墓所があるとの事。

高揚感と、僅かな恐怖心。
エラーミルの日誌の事を考えれば、この先も一筋縄ではないことは判っている。

岸に着く
岸に舟を着け、私達は小島へと足を着ける。
波に持っていかれぬように、舟を杭で固定すると、私達は歩を進めた。


 そして―――



地図の示す場所

 到着、発見。

   『イルボルスンド』――


―――――――――――――――――――――――――――――――――

↓↓ キャンプセット一式 ( データベース & nexus ) ↓↓
http://skyrim.2game.info/detail.php?id=9935
http://www.nexusmods.com/skyrim/mods/9935

↓↓  キーボード操作する舟、パッドとの併用可 ( データベース & nexus ) ↓↓
http://skyrim.2game.info/detail.php?id=37902
http://www.nexusmods.com/skyrim/mods/37902/?