悩むアリア先生
 「う~ん、何を着て行こうかしら」


   一部SSの中にRー18G 要素あり







ちょっとソレは…

 「たまには若々しくいくのも良いかも……でもイマイチかしら?」

ちょっとコレも…
 「私、長身だからゴスロリはちょっと微妙なのよねぇ……」

キターー
 「こ、コレだわ!!! コレよ!!! やっぱり王道で攻めるのが一番だわ!!!」

暴走
 「でもそのままではダメね!! 大人っぽさを演出するために敢えてスカートを取る!! そこはかとないエロさを追求!!!」

さらに暴走
 「いっそトップレスにしてお色気核爆発!!! 私自身の備える最高の武器を惜しみなく披露!!! 世界に嫉妬の渦が沸きそうね……!」

留まることを知らない感性が
 「こうなったら下も露わにして、紳士の視線を独り占め!! 持て余すほどの肢体を全て晒して男達を漲らせ」
  「あの……先生、なに一人でブツブツ言ってるんです??」

クールダウン
 「………お、女磨き」
  「お出かけ前にも女を磨くのを忘れないなんて! 先生、すごいです!!」
 「うん、もう終わったから……ちょっと待ってて」
  「はーい!」

さあお出かけしましょう
 「それじゃ、行きましょうか」
  「はーい」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

と言う訳で、前回に引き続き、今回も、Rochester World Modder Resorce
【ネクサスURL: http://www.nexusmods.com/skyrim/mods/52556/?】

の紹介です。

立て続けに同じMODの紹介というか、SS撮影がとても楽しいというか、感動をもっと伝えたいというか……とにかく、もっと紹介したいだけです。
もっとSSを見て、このMODを知って頂きたいなって言うだけです。


前回はリリアンだったので、今回はアリア先生とベリー・ベリーの提供でお送り致します。

おしゃれな風車と
スカイリムにはないタイプの風車。
建造物を見るとテンションが上がります。

さてさて、それでは……
首都らしき都
今回はちゃんと首都らしき街のSSも撮っておきました。
中に入って行きましょう。
首都の町並み
王道・ザ・王道ファンタジー。
スカイリムとはまた違った良さがありますね。
こういう街並みを見ると、オブリを思い出します。
それにしても本当に綺麗な町並み
そこかしこにある赤い十字。

首都の城と思わしき建物。中には入れません
王宮?? 城砦??
残念ながらこの城の中には入れません。
賑やかな楽師隊がいます
その麓では楽師達がパープー鳴らしています。
鼓舞でもしているのでしょうか?
商店広場。残念ながら商人はいません
商店が立ち並ぶ広場。
店員さんがいないので買い物は出来ません。
こだわりの一品?
またしても教会へ。
やっぱり綺麗ですね。
ハープシコードのようなものがありました

前回の探索の時は見落としてました
ギミックはありません。
ちょっと残念そうなベリー。

さて、首都は一旦おいとまさせて頂き、外へ。

オブリを思い出しますね
街道。
緑、川、橋……この調和が懐かしいです。

街灯も多く、道標も見やすいですね
このMODで一番目に付くのは街灯の多さでしょうか?
夜でも光源が確保された道は安心出来ます。


塀に囲まれた街
もう一つの大きな街。
ジルオールが真っ先に思い浮かびました。
ここでも楽師隊が
華やかな印象が見受けられる街並み。
オブジェも凝っています。
しかし……
処刑広場のような
こういった部分もまたリアルです。
ベルセルクとかで見かけそうですね。
晒しモノ。実にリアルな中世ですね
吊るされた遺体は土気色どころか腐敗色です。
腐って落ちたのか、目玉もありません。
塀に囲まれた街の夕焼け
ベリーが怖がって仕方ないので、この街を後にします。

ではまたしばらく街道を進んで……
砂丘
砂丘に出ました!!
私は個人的にコレが一番感動しました。
スカイリムは北欧的な感じなため、砂地がまるで無かったので。
ちなみに奥に見える船には乗れませんし、そこまでいけません。
黄金色の砂丘
黄昏の砂丘。
なんだか物悲しくなります。

またしばらく移動して。
広い聖堂の中
前回熱く語った聖堂。
今回は紹介忘れていた部分を補足。
聖堂の外から
聖堂の外から見た窓です。
近付いて……
良く見ると…? おや?
中に何かが見えますね?
聖堂のこだわり。外から中が覗けます
そう、外から中が覗けるのです。
コレは物凄くビックリしました。
とても手が凝ってるなぁと。

さてさて、また移動しますっと。
ドラゴンズドグマっぽい要塞みたいな城
要塞!
要塞のような城
悪魔城にも流用出来そうなくらいなお城です。
中に入れますが、変なウィザードに「急げ!」とか言われるだけです。


前回紹介した古城の他に。数少ない物々しい場所。
死の谷には何故か常に雨が降り注ぐ
常に雲に覆われ、雨が止まない謎の一帯。
死の谷と(勝手に)命名します。
ここにも晒しモノ
狼やスケルトンがわんさか居ましたが、先生が灰燼に帰してました。
そこから少し進むと、遺跡みたいな場所があります。
遺跡には謎の巨人の焼死体
そこには巨人のものらしき焼死体が幾つか転がってます。
残念ながら遺跡の中も入る事が出来ません。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――

夕焼けと共に
 「まだまだ関所みたいな場所とか温泉地帯とかあるけど、ここまでにしておきましょ」
  「はーい」
 「ほとんど紹介してしまったけれど、もっと見たい人は導入してもらうのが一番でしょうし」
  「わぁ、先生ったら。にくいことしますねぇー」
 「それにしてもこれだけ中世チックな場所だと、私達の格好も浮かないわねえ」
  「そうですねぇ、これでも苦労して浮かないようにしたつもりですけれど」

おつかれさま
 「まぁ、魔法使いは色々大変ってことね」
  「そうですねぇ。でもさすがにアンティークやゴスロリはちょっと違うと思います」

 「」

実は結構前から見てた(気付かれて無かっただけだった)