====================
 四章 【神の最高傑作】
====================



『牙』を構え、空を駆けた、その時―――

  「声は力の原点! 均衡を外し! 圧しき力は頂点と為す!」
それは声
それは、一瞬だった。
邪竜アルドゥインが、言葉を並べた瞬間、強烈な突風……いや、純然たる力の波動と言うべきか。
その大きな口から、全てを弾き飛ばす力の『声』を放った。
そして、男はそれに抗えず、大きく吹き飛ばされた。
 『ぐぅ……ッ!』
無様にも
身を翻し、翼を駆使して体勢を直す。
その間にも、空より火球は降り注ぎ、それは、体に―――
 『うおおッ!』
直撃し、そしてその勢いに乗せられ―――
弾き飛ばされ
足場となった岩に、男の身体は叩き付けられた。
常人であらば、『声』を浴びただけで肉体はバラバラに弾け飛んでいたのかも知れない。
それだけアルドゥインの『声』の威力は凄まじかった。

巨躯となった事によって更に力が増したのか。
はたまた、その力を解放しただけなのか。
否、これこそが邪竜アルドゥインの真の力。
真の強さ。
生物の、大空の王者達の頂点、主たる所以。

 「逃れえぬ災厄! 灼熱に抱かれ! 滅せ!」
アルドゥインの言葉。
一際、巨大
それ自体に、大きな力が宿っている。
その並べた言葉のすぐ後に響く、轟音。
確かな熱と、速度と、そして大きさを備えた漆黒の火球。
迫り来る
体勢を直すも、時既に遅し。
それは眼前に迫り、とても避けられるような状況では無かった。
爆風に
男はすぐさま『牙』を構え、それの威力を少しでも和らげようと試みる、が。
その威力たるや、想像を絶する。
『牙』を以ってして何とか直撃は防げたものの……倒れ
男の身体は、その漆黒の火球による爆風によってまた吹き飛ばされていた。
火球の破片による怪我こそ無い。
灼熱による火傷も無い。
アリア・セレールによる魔具の賜物だろう。
だが、男の肉体には確かな『痛み』が有った。

反骨心
 『まだまだぁ……!』
迫り来る火球が、岩場にぶつかり破片を撒き散らす。
白光に彩られた視界に煩わしさを感じながらも、男の闘志は潰えていない。
 『うおおおぉぉーーー!』
駆け
男の雄叫び。
それに呼応し、両脚が倒すべき敵の方へと一直線に向かってくれる。
背中に生えた翼が、飛び立てと告げている。
手にした『牙』が、敵の喉元に喰らいつきたいと唸っている。
火球をかいくぐり

空から絶えず降りしきる火球を潜りぬけ、今再び。

男は、飛びかかった―――
飛び上がるも
のだが。

 「力! 均衡! 圧力!」

単語の羅列。
またしても弾かれ
ドラゴンによる、声そのもの力。
男の身体は再び、力の波動による洗礼を受ける。
先程受けたものよりも若干その威力は抑えられたものであったが―――
叩き付けられて
 『ぐっ!』
男の身体を弾き飛ばすには、充分すぎるほどの威力であった。

またしても飛び上がった所に『声』を浴びせられ、岩場に叩き付けられた。
真正面から挫かれるというのは、往々にして戦意を削がれるものだが……それでも男の闘志はなお潰えず。
しかし不屈
 『なんの……!』
両脚が、自身を奮い立たせてくれる。
竜の双眸から流れる力が、闘いに対して胸を熱くさせてくれる。
全身を護ってくれている魔具が、まだ闘える事を教えてくれている。
 「泥濘! 腐蝕! 顎!」
 『まだだ……!』
立ち向かう
奮起し、立ち上がった、直後。
敵ながらよくぞ立ち上がった、と言う賛辞すら無い。
単語の羅列は既に、それの襲来を意味していた。
 『!!』
気が付けばまた
漆黒の火球が、またしても降り注ぐ!
だが!
今度は、その炸裂から避けられた。
単語の羅列があった以上、男も警戒をしていたからだ。
炸裂
熱風、爆風、破片、砂煙。
火球の炸裂に伴う全てのものが吹き荒れる。
それは同時に、邪竜アルドゥインへの目眩ましともなろう。
反撃、攻めの一手は今しかないと男は踏んだ。
その翼を、両脚を、両腕を、牙を、全てを駆使せんとした、その時―――!

 「ヨワキ、モノ! クライ、ツクス!」
そこから現われし
 『な、なに!?』

なんと驚くべき事か。
足場の砂煙が僅かに晴れると、割れた漆黒の火球の中から、肉が腐り果てているかのような醜くく小さなドラゴンが現われた!
ヌチャヌチャと粘質な音と共に足元からは肉が崩れ、それでも男の方へと進んでくる。
 「クラウ! ソノニク! ニク! クライ、ツクス!」
小刻みに、確かな足取りで、かなりの速度で。
 『邪魔を……するなぁッ!』
この腐竜が跳び立つ前の妨害になる事は明白。
切り捨て
 「ギャッ」
牙による、一閃!
泥を切り裂いたかのような重く粘ついた感触。
その体躯の通りとも言うべきか、その身を護る鱗すらない腐竜は、その『牙』の一閃によって容易く絶命した。
……だったのだが。
 「グハハハッ! ニク、ニクゥ! クラウ! クライ、ツクス!」
禍がき
砂煙が完全に晴れた岩場には、もう一体の腐竜が禍々しく大笑していた。。
 『ま、まだ居るのか……ッ!』
男は歯噛みを隠せずにいた。
そうこうしている内に、また―――

 「災禍! 業炎! 絶!」

邪竜アルドゥインの言葉の羅列……いや、もはやこれは『詠唱』とも言えた。

――また、何かが来る!――

男は焦燥した。
また切り捨て
 「アギャッ」
降りしきる火球を掻い潜り、腐竜へと『牙』を突きたて、滅す。
そして男は即座に、邪竜アルドゥインの方へと向き直る。

―――漆黒の火球!
またしても迫る
豪速、灼熱。
それらが入り混じった、それは―――

間に合わない?
受け切るしかない?
避けるか?

男は、覚悟を決めた。
更に炸裂

直前での回避。
男が選んだのは、それだった。
そして、爆風と熱風と破片に塗れながらも、男は直撃を免れた。
何とか回避
漆黒の火球を避けきった。
然らば反撃するのは今。
また『声』によって弾き飛ばされるかもしれないが……それでも構わない。
攻めねば、やられる。
当然の事。
男は割れた漆黒の火球の間を進み、いざ―――
向き直るも
飛びかからん、と向き直った、のだが。
なんと。

 『!?』
また炸裂
またしても、漆黒の火球!

言葉の羅列……詠唱も無かったのに、何故?

男の脳内には疑問で埋め尽くされた。
考えるよりも先に、身体が動いて『牙』で防いでくれた。
膝が
本能的な防御だった。
身体が無意識に動いた。
そしてそれによって、男は助かったのだ。
自身の直感に、最大限の賛辞を送った。

だが、『痛み』は、とても素直。

ついに、それは肉体を軋ませるほどのものとなった。

しかし、それでもなお―――
それでもなおまた
漆黒の火球は、降り注いだ。

先程の邪竜アルドゥインの詠唱は、漆黒の火球を連続で降らせるためのものだったのだ。
ドラゴンの主たる、邪竜アルドゥイン。
アカトシュが作りだした原初にして頂点のドラゴン。
其れが備える『言語』は、他のドラゴンの言葉を遥かに越える数の、力を持った単語。
まさに、王者たる所以……。
漆黒は


―――神の最高傑作。


嗚呼……
 『ああ……』


男は、ただ一言。
呆然と、呟いた。
吹き飛ぶ
漆黒の火球が、男に炸裂する。

直撃。

無様、と言えるほどに吹き飛ばされた。
ごつごつした無骨な石ころが転がされたかのように、揺れながら。


……それでも、男は、立ち上がろうとした。
『牙』を支えにし、奮起した。
ついに、
自身の両脚を鼓舞した。
自身の心を激励した。

だが……立てない。
膝が、曲がったままだった。

そして、それでもなお、邪竜アルドゥインによる攻撃は止まない。
止まぬ
 「どうした、人間よ? 何故立たぬ? 何故立てぬ? 先程までの威勢はどこへいったか?」
挑発、嘲笑、誹謗。
 『おの、れぇ……!』
不屈なる言葉とは裏腹に悲鳴をあげている男の肉体を見て、失笑して見下すは、邪竜アルドゥイン。
それは嘗ての
 「何故我と渡りあえぬか……教えてやろう、人間よ。実に簡単な事だ」

邪竜アルドゥインは一拍間を置き、そして宣誓するかの如く――告げた。


 「それはお前が、ドラゴンボーンではないからだ! 」


からん、と
―――からん。
男が持っていた『牙』……いや、剣が、手から離れて地に落ちた。

 「ドラゴンボーンですら勝てなかった我を前に、何故ただの人間である貴様が渡り合えると思ったか!!」

―――その言葉は正に、決定的だった。

なんと

闘志が、潰えた。
肉体は痛みに従うままに、動かなくなった。
男の胸中に宿っていた闘いの鐘が、止まった。

禍がまがしき
 「無様だな……ドラゴンボーンは最期まで闘い抜いたぞ。貴様はそれすらも出来ぬと言うのか?」
絶対の勝利の確信。
その言葉に含まれた色は、とても残酷で加虐なものに塗れていた。


―――絶望。
絶望
男の胸には、冷たいそれだけが、広がっていた。

 「哀れな姿だな! かつては我に続く程の力量を備えた天竜、パーサーナックスの力を宿せども……所詮貴様は、人間よ!」

身体が、動かない。
指先が、爪先が、震える。
動かぬ
それは、恐怖か?
または、慙愧か?

男には、解らなかった。

ただ一つ。
男の中で絶対の事実であるのは―――

志半ば

もう、己は立てない。
己はアルドゥインには、勝てない。
闘志が、魂が、燃え尽きた。

それだけは、確かだった。


―――男は、地に伏した。

また一つの帰結
 「打ちひしがれよ、絶望に! 恐怖せよ、我が力に! 悔悟せよ、短き命に於いて!」

邪竜アルドゥインの禍々しい声を、枕にし。

 「許しを乞え、定命の者どもよ! 世界を喰らいし絶対の存在に!!」

空を覆う残忍な笑声(しょうせい)を、背に掛けて………。






―――――――――――――――――――――――――――――――――
=================================

 三章 【邪竜アルドゥイン】   ■■■   五章 【名】