====================
 終章 【時代の暁】
====================



―――勝利。

……終わり
塵となって散っていったアルドゥインの姿を、見ていた。
その身体に宿した『死』の力が、消えて行くのをこの目で見届けた。

辺りには―――静謐。
静謐
先程までの死闘がまるで嘘のように。
とてもとても、静かだった。
確信を
終わった。
短くも長かった闘い。
もがき、喰らいつき、心折られ、闘志潰えようとも、なお立ち向かい。
老竜による『眼』の力と、果てしなき知恵を備えた『賢者』と、魂に響いた『あの子』の声が。

この闘いを、終わらせてくれた。

達成!
 『うおおおおぉぉぉーーーッ!!』

歓喜
歓喜。
高揚。

ジードは叫ばずには居られなかった。

――己はやり遂げた。
――成し遂げたのだ。

達成感に身を震わせ、勝利の雄叫びが腹の底から出でた。
翼は
その咆哮を終えたが同時、背に生えし翼が折りたたまれるようにして消え去る。
戦闘を終えた肉体が、もはや飛翔する必要がないと判断したからなのかも知れない。
少なくとも、ジードにとっては無意識だった。


余韻
 『パーサーナックス…… アリア…… ベリー…… ありがとう……!』

思わず、それは声として口から洩れた。
胸中に抱いた、皆への感謝の言葉。
闘い抜いた自分自身への賛辞も含めて。

それに続いて洩れたのは、安堵の吐息。
持ちきれぬ程の重みを感じてた肩の荷が、降りた。

そして―――

白炎が
 『……これは……?』

自身の身体の異変に、気付いた。

竜の力によって目覚めた炎とは違う、白い炎が身を包んでいた。
そしてそれは、弾けて昇る。

同時に――――
武器が
―――からん。

ジードの手から『牙』……いや剣が、転がり落ちた。
炎は更に
転がり落ちた?
いや、落としたと言うべきだった。

何故なら、その指先には力がまるで宿っていないから。

 『ああ……』
亀裂
ジードは、呟いた。

己の脚に広がる、亀裂を見て。

大きく
その亀裂はすぐに全身を覆った。
軋み、揺れ、粉塵を撒きながら。

亀裂の走った自分の手を、まじまじと眺める。
ああ、と
ジードには、解っていた。

絶大なる力を蓄えた『竜の眼』を宿し。

肉体を細部まで守護する『魔具』と。

ドラゴンすら切り裂く魔法の『剣』を持ったその時から。

こうなるかもしれない事は、知っていた。
そしてそれに対する覚悟も、問われていた。

自らを奮い立たせてくれた『声』の力を受け取ったのが、まさに最後の一押しだったのかも知れない。
膝が
ジードはたまらず、地に両膝を着く。
力が、入らない。
身体から立ち昇る白炎は、更に勢いを増してゆく。

脱力
 『……悔いは……無いさ……』
誰に対して聞かせる訳でもなく零れた其れは、自分自身に言い聞かせているのかも知れなかった。

―――定命の者と呼ばれる、常人が。
ツケ
―――運命の奔流に身を任せるしかない、一介の人間が。
―――『神』と呼ばれる存在に翻弄されるしかないだけの、存在が。
―――抗ったのだ。
―――抗えたのだ。

―――運命を、勝ち取ったのだ。

心が充足に満ちることあれど、後悔などはありはしなかった。

包まれる

ジードは――――考える。
今までの自分自身を、省みる。

砂漠で馬を駆り、海辺でリュートを奏でていた頃を。
右目を失い、絶望と憎悪に身を焦がした屈辱の頃を。
生きるためとは言え、数多の命を奪ってきた『首狩り』と呼ばれし頃を。
目的を果たしても尚腐る心を持て余した頃を。

――――しかし。
違う、そうではない。
その頃ではない。



懐かしき

―――そう。

懐かしき…

―――この頃だ。

懐かしく、甘美

―――楽しかった、あの頃。

懐かしく……

―――楽しかった、あの頃……。

とても懐かしき

―――懐かしい。

とてもとても

―――懐かしい……。

懐かしく

―――いつからだろうか。


―――あの子と……

―――ベリー・ベリーと共に過ごした日々が、全てを翳(かげ)らせるほど目映くなったのは。

じっくりと
後悔など、ありはしないと思っていた。
そう思っていた。

だが、あった。

そう、無いはずがない。
ジードは、自身の胸に去来した愛しく切ない感情を、噛み締めた。
そして―――

だが
 『また、一緒に………きみと……旅を、したかった……』

嘘偽りの無い言葉を、口にする。

 『出来る事なら………きみの……成長を……もっと、見た……かったよ……』
天を
ジードは、天へとその腕を伸ばす。

それが、決して届かぬと知りながらも。

届かぬそれを
亀裂が、一層深く。
そして、白炎は一層激しく。
――最期
 『さよう……なら…… そして、あ………りがとう……… ベリー……』



末期の炎が

――猛々しき炎が、舞い上がった。
―――目を眩ますほどの、まぶしい火柱が立ち起こった。

あがる

―――ドラゴンが、最期にその身を焼くのと同様に。

炎の柱

―――限界を越えた肉体を。
―――許容を越えた魂を。

―――その全てを、果てさせた。



その跡に

そして―――死闘の場となったソブンガルデの地に、一本の剣が残った。

牙が、

猛き炎を宿した、禍々しい形状の、剣。

ただ、一つ

―――誰もが持ち主を知らぬ、剣。



伝承は

―――ただ、それだけが残ったのだった。






    ――――――――


 ――― ―――


  ――――



蒼天の空に、赤き色が広がる。
真紅であったであろうそれは、白き雲と混じりて薄紅色となった。

赤き色が
 「見える、見えるぞ……奴の魂が。アルドゥインの魂が、四散していくのが……!」
兄弟、であるアルドゥインの終焉をいち早く感じ取ったのは、老竜パーサーナックス。
驚嘆の声をあげるや否や、すぐにそれを潜める。
 「そして……ああ、『愚か者』よ……済まぬ……やはり、こうなってしまったか……」
懺悔にも似たその呟きは、空へと吸い込まれてゆく。

赤く染まった空を眺めていたのは、老竜パーサーナックスだけではなかった。

それは啓示
 「おお……信じられぬ……あの男、本当に……!」
黒き瞳と白き鱗を携えたドラゴン。
かつてスクルダフンで、『彼』と会話を交わしたドラゴンだった。

驚愕の
 「なんという事だ……有り得ぬ、有り得ぬ事ぞ……!」
象牙色の鱗を携えたドラゴン。
先程のベリー・ベリーが放った、『ジードさん』、と言う声に反応し、それを確かめに馳せ参じたドラゴン。

大笑
 「ふっはっはっはっはっ! 男よ、貴様を我が背に乗せた事、誇りに思ってやろうぞ!」
豪快な笑い声をあげる、赤い鱗のドラゴン。
オダハヴィーングはドラゴンである自身が抱く気質も忘れて、述べていた。

謳歌
 「……自由だ。我等はもう自由を謳歌しても良いのだ。何者にも縛られず、あるがままにあれば良いのだ」
橙色(とうしょく)の鱗を備えたドラゴンが口を開く。
このドラゴンも、かつてスクルダフンにてジードと言葉を交わした、ドラゴン。

自由
 「アルドゥインの魂よ、願わくばアカトシュのもと、ただ安らかであれ!」
 「空よ、主に従わなかった我等の翼がその下を舞う自由を祝せ!」

ドラゴン達が、天を仰いで叫んだ。
そして各々が歓喜に翼を震わせ、風を感じる自由のために、振るった。
喜び
 「舞えよ、泳げよ! 我等が翼よ! 新時代の暁に驚喜せよ!」
 「アルドゥインは倒れた! 新時代の幕開けぞ!」
晴れやかに
 「響けよ、声よ! 讃えよ、大君主と共に果てたその尊き魂を!」
 「歌えよ、皆よ! 届かせよ、声無き者の声の物語を!」

―――上空を旋回し、喜びを体現するドラゴン達。
天に木霊(こだま)するその雄叫びを耳にした人間達は、今頃は恐怖と驚愕に満ちているかもしれない。
だが、今だけはこの謳歌に水を差してはならない。
それは、アリアも、ベリー・ベリーも解っていた。

勝利を告げ
 「……終わったのだ。長きに渡って君臨していた王者、アルドゥインの支配が」
この場に居る人間二人にそれを告げたのは、老竜パーサーナックス。

 「そして、我が双眸の波動も潰えた……」

その言葉が、どんな意味を持つのか。
アリアには、よく解っていた。
ベリー・ベリーには、よく解っていなかった。
それに呼応する
 「……済まぬ。しばし、我も空へ羽ばたかせて貰う」
 「大丈夫なの? 今の貴方は、目が……」
アリアの気遣う声を余所に、ほつれ、擦り切れたその翼膜を広げて―――
老竜は、羽ばたいた。
そして―――

甘美
 「霊峰にて声の道を求むる者達よ! 声無き竜へ祈れ! 哀悼を捧げよ、その気高く美しい魂へ!」

その悲壮と荘厳を交えた威風なる声は、空へと響き渡った。
他のドラゴン達と同様に、しばらく旋回すると、アリアとベリー・ベリーの前に留まる。

老竜の飛翔
 「例えこの瞳失えど、我はそれを嘆かぬ……お前達の心を思えば、それはしてはならぬ事……」
老竜からの言葉に答えるのは、ベリー・ベリー。
 「あのぉ~、じゃりゅーは、いなくなったんですよねぇ? それじゃあ、ジー……おじさんは、どうなったんですかぁ?」
噛み締め
嘘、と言う概念が無いのか、その問いへ真実を乗せて、返す。
 「アルドゥインの魂が散るのと共に、あの『愚か者』の魂も散るのが見えた……」
対価
 「すごい……! おじさん、本当にじゃりゅーを倒したんですね!?」
 「……ドラゴンボーンよ……お前が起こした『奇跡』だ。お前が放ったあの『声』が……邪竜アルドゥインを打ち破る『力』を与えたのだ」
ただ喜ぶ
ベリー・ベリーは老竜の報告に、顔を輝かせる。
 「お前の『声』に宿った力の片鱗が、あの『愚か者』の魂に混じった……それこそが正に、アルドゥインの誤算だろうな……お前の『声』の力は、それほどのものなのだ」
 「えへへっ、照れちゃいますよぉ」
言葉のままに、照れ臭そうな微笑を浮かべる傍らの少女を――――

……視線
―――じ、と見つめるのは、アリアだった。

 「ドラゴンボーンよ!」
空から降りし声、その直後、厚い雪に覆われた地面が大きく揺れる。
少女―――ベリー・ベリーの隣に、オダハヴィーングが降り立ったのだ。
己のことのように
 「お前の起こした奇跡、しかと見届けたぞ! それにしてもたいしたものよな、あの男! まさか本当に我等が主を打ち倒すとは!」
 「えっへん。おじさんはすっごく強いんですからトーゼンですっ」
歓喜に胸躍らせるオダハヴィーングと同様の声音で返す、ベリー・ベリー。
まるで自分の事のように、嬉々として。
 「ふはは! 我は人間が気に入ったぞ! ドラゴンボーン、用がある時はその『声』にていつでも我の名を呼べい! 可能な限り駆けつけようではないか!」

豪快に笑いながら口にした事だが、これは驚くべき事であった。
『声』にて名を呼ばれたら闘う、と言うのがドラゴン達の暗黙の了解であり、そして闘わずにはいられないというのが血の定めなのだから。
すなわち―――オダハヴィーングは、自らの血の定めを知らず知らずに打ち破っているのであった。
そして、残念な事に……それに気付く者は、この場に居なかった。

 「わぁ、これで私達もお友達ですねぇ! ありがとうございますぅ、えっと、ゆきほぐ……なんでしたっけ??」
がくりと
首をかくり、と滑らせる。
 「そちらではない! オダハヴィーング!! 我が名はオダハヴィーングなるぞ!!」
まるで人間がやり取りするかのような、実に奇妙な一時と言えた。
 「それじゃ、私のこともベリーって呼んで下さいねぇ? おだあびーんぐさん!」
勝利の余韻
 「オ・ダ・ハ・ヴィーン・グ・だ!! まったく……名を間違えたら我は来ぬからな!?」
 「はぁい、ごめんなさーい」
 「それではまた会う日を楽しみにしているぞ、ベリーよ!!」

喜劇のような一幕の締めにそう告げると、オダハヴィーングは再び大空へと羽ばたいて行く。
そして……自由を謳歌するドラゴン達と共に、高き場にて旋回を繰り返していた。

それを見守り
 「ほんとにすごいですね、おじさん……世界だけじゃなくって、ドラゴンさん達まで救っちゃったんですねぇ」
はぁー、と長く吐かれた其れは、溜息にも似ていた。
感嘆の極致と言わんばかりだ。
 「ごめんなさい、ベリー……」
師ではなく
アリアからの言葉に、ベリー・ベリーは首を傾げている。
 「なにが、ですかぁ??」
空を舞うドラゴン達に釘付けになりながらも、言葉を返す。

 「……こうなる事は、予想はついていたの。パーサーナックスも、私も……そして、『あの人』自身も……」

 「……先生。おじさんは、私を守るために戦ってくれたんですよねぇ?」

親として
 「ええ……あなたが、安らかであって欲しいと。あなたに笑顔であってほしいと……」

 「……私、嬉しいです。おじさんが私のために戦ってくれただなんて、すごく……すっごく、嬉しいんですよぉ」

憂いの眼差しで見つめながら語るアリアとは違い、ベリー・ベリーは明るく、そして喜びを隠し切れないと言った声音で返してきた。
だが……アリアの眼差しは、変わらない。

 「ベリー」

そして、静かで優しい声音で呼びかける。

 「今からあなたにかける言葉は……先生ではなく、親として、母として、そして女としての言葉です」
 「??」



母として



 「泣いていいのよ……」



………
――ぽろり。
アリアが掛けた言葉の終わりと同時に。
その灰色の双眸から、零れ落ちる。

 「……お母さん…… 私……泣いても……いいん、ですかぁ?」
 「ええ、泣いてあげて。あの人のために」

ベリー・ベリーは堰を切ったかのように、涙を溢れさせる。

 「おじ、さん……」
…………
ぽつり、と呟く。

 「おじさん……おじさん……おじさん……!」

一度、また一度と呼称を口にする度に……少女の胸に押し寄せる感情の波は、強くなっていく。
そして、ついにはその小さな身体を震わせて―――

……………
 「わあああぁぁぁぁ~~~!!!」

泣き、崩れた。

 「おじ、さん………おじさぁん……!!」

瞳から零れ落ちた涙が、雪を溶かす。


悲しみ

 「うわあああああ~~~~ん!!」

霊峰に響く泣き声

悲哀。
そして、慟哭。
激しい感情に包まれ、幼子が泣くが如きその背を、ただ優しく見つめる『母』。

その身を震わせる程、ベリー・ベリーは嘆いた。
悲しみに膝が震えた。
瞳から涙がとめどなく溢れた。
胸が引き裂かれるかのような、痛みを感じた。
理由も無く指先が痛んだ。


それを慰めるわけでもなく―――風だけが、無常に頬を撫でていた。
凍えるような風が、現実である事を冷たく教えていた。




―――顔を上げた少女は、天を仰いだ。
哀
 「ありがとう………さようなら……………」


涙
 「……ジードさん………」





悲しみにつつまれた、世界のノドにいる者達。

―――そして――
そして、それを天より見下ろすドラゴンもまた、その一人。

涙を流せぬドラゴンは、ただ哀悼の意味を込めて咆哮を響かせた。
遥か遠くにも、届くようにと………。









    ―――――かくして、伝承は終わりを告げる。


  ――――運命に抗い、新たな時代の暁のために散った男がいた。


 ―――愛する者のため、全てを捨てた男がいた。


――その男の名は…… ジード。








―――――――――――――――――――――――――――――――――
=================================

 七章 【魂の劫火】   ■■■   外伝 【そして心は竜によって紡がれる】