スカイリム道中日記


ブログ初心者によるスカイリム道中日記。

私が素敵と思ったMODを紹介したり
ちまちまとRP風味な旅日記を綴ったり
適当に呟いたりスクショ貼ったりとか色々してます。

なお記事の中にはゲームのネタバレ等も含む場合が間々ございます。
恐れ入りますが閲覧の際は重々注意して下さるよう
お願い申し上げます。

スカイリム旅日誌

ジードによるスカイリム旅日誌【MOD紹介】


====================
 標を求めし者は畢生の終着を見出す。
====================

 「それでぇ、雪の中をがんばって進んでたら、船が止まってる村に着きましてぇ……」

興奮、高揚を抑えきれぬ声音。
ベリー・ベリーの壮大な物語の口伝はまだまだ終わらない。
続きを読む

ジードによるスカイリム旅日誌【MOD紹介】


====================
 長き長き旅路の果てに。
====================

フロッグに印を付けて貰った私達は、街道を行く。
その場所とは……リフテンから南東に位置していた。
続きを読む

ジードによるスカイリム旅日誌【MOD紹介】


====================
 蛇と鼠と蛙の巡りあわせ。
====================

まず感じたのは、そう。
排水による独特の臭いだった。続きを読む

ジードによるスカイリム旅日誌【MOD紹介】


====================
 街道にて、狐と熊と蛇と。
====================


喉の奥に感じる血液の味。
それが己の限界以上に肉体を酷使した時に生まれる錯覚だと言うのは解っていた。
続きを読む

ジードによるスカイリム旅日誌【MOD紹介】


====================
 轟く声。
====================


生い茂る木々と、湿気った石から上る香り。
まるで自然の呼吸音とも言えるだろうか。
それらを感じるだけでどこか心が安寧に包まれるのは、人の奥底に眠る本能的な意識への軟い刺激からなのかも知れない。続きを読む

ジードによるスカイリム旅日誌【MOD紹介】


====================
 それぞれが抱える思い。
====================


自らに視線を感じ、御者の顔を一瞥すると、感謝に堪えない表情を浮かべていた。
―― 厄介な案件を片付けてくれてありがとう。
そう言っているように、感じられた。続きを読む

ジードによるスカイリム旅日誌【MOD紹介】


====================
 風雲急を告げる。
====================


 「そういやぁ、こんな話を聞いたんだが」
彼は私に含みを持たせたような声音で語り掛けてきた。続きを読む

ジードによるスカイリム旅日誌【MOD紹介】



====================
 追懐と今。
====================


己の過去を語るのは珍しい事ではないが、こんなにも長く語ったのは初めての事だった。

鼻腔の奥に感じる、つんとした僅かな痛みは感傷によるものだ。

しかし、涙が出るような事はなかった。
胸が締め付けられる事も無ければ、腹が重くなる事も無い。

だが、過去の振舞いへの後悔が無いのかと尋ねられれば嘘になる。続きを読む

ジードによるスカイリム旅日誌【MOD紹介】


====================
  残った左目に宿るもの。
====================


砂漠の国で繰り広げられていた戦いは最後の局面を迎えようとしている。
戦乱の雲は、やがて晴れるだろう。
皆がそう実感していた。続きを読む

ジードによるスカイリム旅日誌【MOD紹介】


====================
  深淵に残る熱き泥。
====================


風が、青年の慟哭を運んだ。

消えるはずだった、晴らしたはずだった『痛み』が、そのまま声と言う音になった。
続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
自キャラ紹介
  ジード
  
 
 

 ベリー・ベリー
  
 
 

 アリア
  
 
 

  アベイ
  
 
 

 リリアン
  
 
 

 エルヴァンス
  
 
 

 セレスティア
  
 
 

 レフィー
  
 
 

 サンディ
  
 
 

  • ライブドアブログ